Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 祖国・情勢 (Page 3)

100余りのオオタカ繁殖地を発見/朝鮮の全般的地域で繁殖

100余りのオオタカ繁殖地を発見/朝鮮の全般的地域で繁殖

3月25日発朝鮮中央通信によると、最近、朝鮮で国鳥であるオオタカの繁殖地が新たに調査、実証された。 国家科学院動物学研究所のキム・ギョンジュン副所長は、全国の動物保護区で昨年の5月から今年の3月中旬ま [...]…

平壌綜合病院の建設進む/党創立75周年に向け

平壌綜合病院の建設進む/党創立75周年に向け

金正恩委員長参席の下、平壌綜合病院の着工式(3月17日)が行われて以降、建設が急ピッチで行われている。建設地は、大同江のほとり。党創立75周年を迎える今年10月の完工を目指す。…

朝鮮に春到来、7~15日早く

朝鮮に春到来、7~15日早く

労働新聞3月23日付は、ピンク色の花が開花した平壌市内の写真を掲載しながら、朝鮮で今年、例年よりも早く春が到来したと伝えた。 同紙によれば、春の開始とは、1日の平均気温が0度以上であり、安定的に気温が [...]…

朝鮮の医学者らが入選、世界最優秀コンクールで

朝鮮の医学者らが入選、世界最優秀コンクールで

消化器内科学の研究成果を発表 朝鮮の医学者らが、2019年の医学分野における世界最優秀コンクールで入選する快挙を達成した。 同コンクールは、基準・順位選定の国際証書および認証機関の地域機関であるインド [...]…

基地跡地への米大使館移転に抗議/住民団体などが会見

平沢米軍基地(キャンプ・ハンフリー)への移転を控える龍山米軍基地の跡地に、駐南朝鮮米国大使館を移転する計画に、住民団体が強く反発している。23日、「龍山米軍基地を完全に取り戻す住民の会」などの市民団体 [...]…

朝米膠着の長期化と米大統領の親書伝達

朝米膠着の長期化と米大統領の親書伝達

難関打開の正面突破戦が朝鮮の既定路線 金正恩委員長にトランプ大統領が親書を送った。 金与正党中央委員会第1副部長は22日に発表した談話で、米大統領から送られてきた親書は朝米両首脳間の特別な個人的親交関 [...]…

日本の中学教科書「他国の領土であったことない」と主張/独島問題で歴史わい曲記述増え

25日付ハンギョレ(電子版)によると、来年から使用される日本の中学校の教科書に「竹島は一度も日本領土でなかったことはない」という趣旨の表現が登場するなど、独島に関する記述がさらに改悪されたことが明らか [...]…

4.15総選挙は“積弊勢力に対する審判”/保守再結集を批判する南の市民社会

4.15総選挙は“積弊勢力に対する審判”/保守再結集を批判する南の市民社会

南朝鮮で4月15日に行われる第21代総選挙を控え、自由韓国党をはじめとする保守3党が統合し、未来統合党を発足した。市民社会は、保守再結集という手段を使い、議席拡大を狙う新党に対し、「セヌリ党の再来」「 [...]…

金正恩委員長に米大統領が親書、金与正党第1副部長が明かす

“個人的親交を示す事例” 朝鮮中央通信によると、金与正党第1副部長は3月22日、談話を発表し、金正恩委員長に米国のトランプ大統領が親書を寄せたことを明らかにした。 談話によると、トランプ大統領は朝米関 [...]…

来月10日に最高人民会議開催、平壌で

朝鮮中央通信によると、朝鮮の最高人民会議常任委員会は20日、最高人民会議第14期第3回会議を4月10日に平壌で開くことに関する決定を発表した。 昨年3月に最高人民会議第14期代議員選挙が行われ、4月に [...]…