Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 文化・歴史 » 文学 (Page 3)

河津聖恵さんの新著「闇より黒い光のうたを―十五人の詩獣たち」の出版を祝う集い

河津聖恵さんの新著「闇より黒い光のうたを―十五人の詩獣たち」の出版を祝う集い

「訴えたい」との思いを歌に 詩人の河津聖恵さんの新著「闇より黒い光のうたを――十五人の詩獣たち」の出版を祝う集いが4日、東京・新宿区の藤原書店で開かれ、社長の藤原良雄さん、詩人の石川逸子さんをはじめ、 [...]…

金知栄詩集「薬山のつつじ」出版記念会

金知栄詩集「薬山のつつじ」出版記念会

韓統連、文芸同関係者など80人が参加 東京・上野で7日、詩誌「チョンソリ」会員で、6.15共同宣言実践日本地域委員会副議長を務める、金知栄さんの詩集「薬山のつつじ」出版記念会が開かれた。 集いには、韓 [...]…

〈本の紹介〉内田雅敏著/想像力と複眼的思考

〈本の紹介〉内田雅敏著/想像力と複眼的思考

現状への毅然たる抗拒の姿勢 著者は日本敗戦の年に生まれて、戦後の歴史的変遷を生きてきた、硬骨の弁護士である。 「法律とは条文通りの解釈をすべきでなく、その根底に流れる心である」とする著者のモットーにま [...]…

〈本の紹介〉柳美里著「ピョンヤンの夏休み-私が見た『北朝鮮』」朝鮮語版出版

〈本の紹介〉柳美里著「ピョンヤンの夏休み-私が見た『北朝鮮』」朝鮮語版出版

柳美里さん、ソウルで出版記念会 「ピョンヤンの夏休み―私が見た『北朝鮮』」は、2011年12月、講談社から出版された芥川賞作家・柳美里さんの3回にわたる訪朝記である。本書は、その朝鮮語訳で昨年10月、 [...]…

〈私たちのうた〉あかんぼうの あさ/尹東柱

ぼくんちには にわとりも いないんだ ただ、 あかんぼうが お乳 ほしいと 泣いて 夜が あける…

〈人・サラム・HUMAN〉テディベア作家/姜南淑さん

〈人・サラム・HUMAN〉テディベア作家/姜南淑さん

父母を思う気持ちが生んだ 神戸出身の姜南淑さん。朝鮮大学校まで民族教育で学んだ。…

“虐殺、隠ぺい、遺体返さず”山田昭次さんが解説

荒野座の今回の中央公演のチラシにも書いたように、関東大震災時の朝鮮人虐殺を描いた荒野座の上演劇「関東大震災-命ある限り-」は、上演を続けて今年で31年目を迎えた。…

まだ誰もいない駅に/金正守

早朝にけむる朝靄の中 まだ誰もいない駅のホームに ヨンヒや、今日も君は一人佇んでいる 駆けて来る始発電車を待ちながら…

〈私たちのうた〉遠い道/尹石重

息子が 眠るのを 見て 行こうと アッパは 枕元に 座り アッパが 行くのを 見て 眠ろうと 息子の おめめは ぱっちり ユン・ソクチュン(1911~2003) ソウルで生まれ1932年、上智大学神文 [...]…

〈私たちのうた〉えんぴつのはり/趙明熙

この子ったら おかしいの ほんとうに おもしろいの ファシストの すがたが 新聞に のっていると こいつ、おとなしく しろ ぷすぷす はりを さし えい、このやろう! いっぽん うたれてみろ チョウ・ [...]…

p. 3 / 41234