〈民族教育と朝鮮舞踊12〉夢にまで見た祖国での「ソルマジ公演」②


1988年ソルマジ公演に参加した在日朝鮮学生少年芸術団(公演の合間に2・8文化会館の前で、前列中央が朴宗喆団長、最上列左から2番目が筆者)

芸術担当の重責を担って

1987~88年の年末年始は、私の生涯で忘れられない特別な冬となった。第2次在日朝鮮学生少年芸術団の芸術担当として、30人の初中級部生を4人の教員と共に引率し、2カ月半の夢のような日々を祖国で過ごしたからである。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ