「音楽の力」を再認識/大阪朝鮮吹奏楽団第39回定期演奏会


今年で39回目を迎えた大阪朝鮮吹奏楽団(以下、楽団)の定期演奏会。出演者はもとより同胞たちは2年ぶりに開催される演奏会を待ちわびていた。客席に条件を設けるなど規模は縮小したものの、会場は100人を超える同胞らが駆け付けた。

大阪朝鮮吹奏楽団第39回定期演奏会が行われた

1974年に創立した大阪朝鮮吹奏楽団は、演奏をはじめとする幅広い活動を通し、これまで同胞社会の活性化と朝・日親善のための一役を担ってきた。

なかでも、一昨年までは、朝鮮学校の納涼祭や運動会での演奏を活発に行ってきた楽団。しかし昨年はコロナ禍で活動を全面的に休止し、団員たちは「途方に暮れていた」という。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ