【投稿】「幸せの火」/崔誠圭


11月20日、東京朝鮮中高級学校に日本人有志の方々が朝鮮学校を支援したいと訪れた。民族民主教育の会の三橋京子さん、アスナロ農園スタッフの切無沢真弓さん、歌舞音楽集団「荒野座」副座長の木崎永子さんだ。

11月20日、教育会会長、分会長、食堂オモニたちと

車から降ろされた支援物資は青森産の「青天の霹靂」という銘柄を含めた120Kgものお米と白菜50個、リンゴ2箱だ。

この支援のきっかけは、千葉県野田市で無農薬農業を行うアスナロ農園と本校美術部との交流であった。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ