短編小説「春の農村にやってきた若者」1/千世鳳


ムン・キルスは早目に朝食をすませて家を出た。組合に来て初めて作業につく日である。ひとりでに胸がふくらんでくるように思った。

………鍛冶屋というのは、どのくらいの大きさだろう? 何人ぐらいいるのだろう?………

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ