“関東大震災朝鮮人虐殺の真相究明を”/南で特別法制定求め請願運動


南朝鮮で関東大震災(1923年9月1日)時の朝鮮人虐殺の真相究明と名誉回復に関する特別法制定を求める請願運動が始まった。

インターネットメディア・統一ニュースによると、市民社会団体などの元老たちは19日、声明を発表し、特別法制定を求める請願運動に臨むことを明かした。声明には「平和の道」の明盡理事長、「市民の会 独立」のリ・マンリョル理事長、民族問題研究所のハム・セウン理事長をはじめとする21人が名を連ねる。

「関東大震災98周年朝鮮人犠牲者追悼式典」

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ