台湾問題に対する米国の干渉を糾弾/朝鮮外務次官が談話発表


朝鮮中央通信によると、朝鮮外務省のパク・ミョンホ次官は22日、台湾問題に対する米国の干渉を糾弾する次のような談話を発表した。

最近、米国が中国の不可分の領土である台湾の独立をあおり立てながら軍事的緊張を高めている。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ