制御誘導技術が導入された新型SLBM試射


新型潜水艦発射弾道弾の試射が行われた。(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

「朝鮮海軍の水中作戦能力向上に寄与」

朝鮮中央通信によると、朝鮮民主主義人民共和国国防科学院は19日、新型潜水艦発射弾道弾の試射を行った。

朝鮮労働党中央委員会の劉進部長、党中央委員会軍需工業部の金正植副部長と国防科学院の指導幹部が試射を指導した。

朝鮮は5年前に初の潜水艦発射戦略弾道弾試射を行っている。

その時の「8・24英雄艦」で再び新型の潜水艦発射弾道弾の試射を成功させた。

朝鮮中央通信は、国防科学院が今回の試射成功を「誇りと栄光を抱いて党中央に忠誠の報告をした」と伝えた。

新型SLBMには、側面機動および滑空跳躍機動をはじめ多くの進化した制御誘導技術が導入されたという。

国防科学院は「新型の潜水艦発射弾道弾は国防技術の高度化とわが海軍の水中作戦能力の向上に大いに寄与するであろう」と明らかにした。

(朝鮮新報)