短編小説「春の農村にやってきた若者」4/千世鳳


「おじさん! そのハンマーの仕事も、だんだん機械化する必要がありますね」

「おい、おい、おまえの言う通りだったら、世の中のことは、なんでも寝転んでできちまう」

「おじさんは、今年の課題の中で、なにがいちばん大事なことだと思いますか?」

「おまえは、仕事にやってきたんじゃなくて、このおれを試験するために来たのか? さっさと手を動かすんだ。べらべらしゃべってばかりいるのは、ろくな奴じゃねえ」

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ