日本の軍拡の動きを非難/朝鮮中央通信社論評


“攻撃的で侵略的な戦争装備”

朝鮮中央通信は13日、日本の軍拡の動きを非難する論評を配信した。

海上自衛隊と海上保安庁は、米国製の最新鋭大型無人偵察機「シーガーディアン」20余機を導入する計画を検討しており、空母保有と最新型ステルス戦闘機の導入も引き続き強行している。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ