繋ぎ、広げてきた友好と連帯の輪/故・田中ひろみさんと朝鮮学校


「朝鮮学校を支える宝塚市民の会」

日本政府が2019年10月から実施した幼児教育・保育の無償化制度。その対象から朝鮮幼稚園をはじめとする各種学校の認可を受けた外国人学校幼稚園が除外されたことに対して、各地で関係者たちは民族教育を守るための幅広い連帯運動を展開してきた。

2020年1月、「朝鮮学校を支える宝塚市民の会」が発起し、伊丹初級附属幼稚班の公開保育が実現した

なかでも昨年6月、兵庫県・宝塚市議会で「幼保無償化から除外された外国人学校幼稚園に救済措置を求める請願」が採択され、10月には伊丹市議会でも同様の請願が採択された。幼保無償化をめぐる請願採択は日本の自治体で初の事例だった。両地域は伊丹初級に通う園児、児童とその保護者たちが暮らしている。

これらの画期的な請願の採択に尽力したのが、「朝鮮学校を支える宝塚市民の会」(「市民の会」)をはじめとする、日頃から伊丹初級を支援し、ともに歩んできた日本の支援者らだ。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ