国防発展展覧会「自衛―2021」が開幕 / 金正恩総書記が記念演説


国防発展展覧会「自衛―2021」が開幕した。(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

朝鮮中央通信によると朝鮮労働党創立76周年に際して国防発展展覧会「自衛―2021」が10月11日、平壌の3大革命展示館で盛大に開幕した。

金正恩総書記が、開幕式に出席した。

金正恩総書記が開幕式場に到着すると、全ての参加者は総書記を仰いで「万歳!」の歓呼の声を上げた。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である崔龍海、趙甬元、金徳訓、朴正天の各氏が、開幕式に出席した。

党と政府の幹部である李日煥、チョン・サンハク、呉秀容、太亨徹、金才龍、呉日晶、金英哲、鄭京擇、金成男、ホ・チョルマン、朴太徳、キム・ヒョンシク、劉進、朴明順、李哲萬、チョン・ヒョンチョル、パク・ジョングン、楊勝虎、チュ・チョルギュ、李善権、張正男、ウ・サンチョル、金栄煥の各氏と内閣、省、勤労者団体の責任活動家が参加した。

また、クォン・ヨンジン、李永吉、リム・グァンイルの各氏をはじめ、武力機関の責任活動家と朝鮮人民軍各軍種の連合部隊長が参加した。

国防工業部門の功労のある活動家と科学者、技術者が、展覧会に招待された。

国防発展展覧会「自衛―2021」が開幕した。(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

開幕式に先立って総合軍楽隊の礼式が行われた。

戦闘的気迫が満ち溢れる革命軍楽に合わせて異なる隊形の変化で「10.10.」の数字と党マークを表す礼式によって、雰囲気はいっそう高まった。

喜びに溢れる10月の空に赤い党旗をはためかせて最優秀パラシュート兵が降下技巧を披露した。

式場の上空では、戦闘飛行士たちの技巧飛行が行われた。

壮快なごう音を立てながら超低空飛行、垂直急上昇技巧、双機反転をはじめ、さまざまな空中戦闘飛行動作を巧みに遂行し、平時に練磨した飛行術を遺憾なく見せる飛行隊に向かって観客は歓声を上げた。

国防発展展覧会の開幕式が行われた。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である党中央委員会の朴正天書記が、開幕の辞を述べた。

展覧会の開幕が宣言されると、朝鮮民主主義人民共和国国歌が荘重に奏楽された。

金正恩総書記が、国防発展展覧会で記念演説を行った。

金正恩総書記は、今日の盛大な展覧会は不敗の自衛路線を変わることなく堅持して国家防衛力強化の新たな転機を切り開くわが党の雄大な抱負と指導力、実践的実行力を集中的に、直観的に分かるようにし、わが国家が到達した国防科学、軍需工業の驚異的な発展相とその目覚しい展望を誇示する大規模閲兵式に劣らない一大国力の示威になると宣言した。

金正恩総書記は、朝鮮労働党が去る5年の歳月、必然的に断行しなければならなかった決死の国防工業革命の道、未踏の雪道を追憶しながら、国防を強める事業を一瞬も逃してはならない必須的で死活の重大国事としたわが党の国防政策の正当性について言明し、全人民が偉大なわが国家の防衛力を全面的にうち固めるための聖なる偉業に心身、知恵と情熱を惜しまずささげていこうと熱烈に呼び掛けた。

開幕式では、国防力の発展に特出した貢献をした人々に対する表彰があった。

金正恩総書記は、参加者と共に展覧会場を見て回った。

金正恩総書記は、参加者と共に展覧会場を見て回った。(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

会場には、この5年間に開発、生産された各種の兵器、戦闘技術機材を主とする強力な朝鮮の国防力が集結した。

金正恩総書記は、一つ一つの武装装備を深い感慨の中で見て回り、世界最強の自衛的国防力をうち固める民族史的聖業にささげられた国防科学者・技術者、労働者たちの愛国心を再び評価した。