”日本政府は関係改善への強い意志を”/大阪で日朝国交正常化の早期実現を求める集会


「日朝国交正常化の早期実現を求める市民連帯・大阪」が主催する「日朝ピョンヤン宣言から19年 日朝国交正常化の早期実現を求める大阪集会」が9月17日、大阪市のエルおおさかで行われ、市民連帯・大阪の大野進共同代表、古賀滋事務局長をはじめ約50人が参加した。

大阪集会では今後の朝・日関係を模索した

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ