“国防力強化に対する二重基準と決別を” 金与正副部長の談話で言及された相互尊重のための課題


“一言を発しても熟考し、正しい選択を”

南当局が正しい選択を実践行動で証明すれば、悪化した北南関係を回復させる機会が生まれるかもしれない。朝鮮労働党中央委員会の金与正副部長は25日に発表した談話で「公正性と互いに対する尊重の姿勢が維持されてこそ、はじめて北南間の円滑な疎通がなされるであろうし、ひいては意義ある終戦が時期を逸せずに宣言されるだけでなく、北南共同連絡事務所の再設置、北南首脳対面のような関係改善の諸問題も建設的な議論を経て早いうちに一つ一つ有意義に、見事に解決することができると思う」と述べた。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ


関連記事