〈春・夏・秋・冬〉活動家の怠慢を公然と批判


模範を一般化していく方式で発展を遂げてきた朝鮮で、成果の乏しい工場や郡をメディアが取り上げるのはあまり見受けられない。しかし近年いっそう力を入れている国土建設・管理の分野では公然と批判がなされている春夏秋冬

▼労働新聞2月28日付は、山林復旧事業で成果を収めている平安南道檜倉郡と、毎年のように計画未達成の両江道普天郡を比較しながらその要因を分析。檜倉郡は条件が決して良いわけではないが次世代を思う活動家の奮闘が成果を生んだとする一方、普天郡活動家の無責任な態度を痛烈に批判した

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ