南大統領の失言に遺憾表明/金与正副部長談話


朝鮮中央通信によると、朝鮮労働党中央委員会の金与正副部長が15日、文在寅大統領の発言を非難する談話を発表した。

談話は、文在寅大統領が15日、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)試射に立ち会った際に「北の挑発を抑止するのに十分」だと発言したことを「不適切な失言」とし、遺憾を表明した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ