北大阪初中・初級部児童が優勝/大阪八尾市後援のスピーチ大会


原稿と表現力“素晴らしい”

公益財団法人八尾市国際交流センターが主催するYIC多言語スピーチコンテスト(後援=八尾市、八尾市教育委員会、八尾市在日外国人教育研究会、大阪府教育委員会)が8月29日、大阪府八尾市の八尾市生涯学習センターで行われ、北大阪初中・初級部6年の金ハナさんが多言語部門で優勝した。

YIC多言語スピーチコンテストの多言語部門で、北大阪初中・初級部6年の金ハナさんが優勝した。(写真はすべて北大阪初中より提供)

同コンテストは、文化的背景の異なるたくさんの人々が共に暮らす日本で、次世代が「幅広い視野を持ったコミュニケーション力」と「将来世界で活躍するための国際感覚」を身に着けるきっかけづくりとして開催されてきた。12回目となった今年は、「願いが一つ叶うなら」をテーマに、英語部門と多言語部門(それぞれ小学生の部、中学生の部)に総勢23人の児童生徒らが出場。出場者たちは、事前にスピーチ原稿などの書類提出を経て、8月中旬に同コンテストへの出場決定の連絡を受けた。

コンテスト当日は表現力、暗唱力、作文内容が審査基準となった。多言語部門に出場した金ハナさんは「私の願い」というタイトルで、朝鮮学校を取り巻く現状とそれへの率直な思いを朝鮮語のスピーチで堂々と披露し見事優勝の栄光を手にした。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ