【寄稿】書籍、総合誌、文芸誌からみる朝鮮人虐殺/卞宰洙


「関東大震災98周年朝鮮人犠牲者追悼式典」(9月1日、都立横網町公園)

関東大震災に際して、心ある数人の文学者たちが朝鮮人虐殺の惨状を書いたことについては、以前に本紙で紹介した。志賀直哉、芥川龍之介をはじめ、平林たい子、徳永直、壷井繁治たちが目撃談や見聞記を発表して朝鮮人虐殺に心を痛め、抵抗の姿勢を示した事実は忘れがたい。

最近、銷夏法の一つとして、朝鮮関係の書物6冊余をもつ片野次雄の著作「李朝滅亡」を読んで、朝鮮人虐殺について新たな資料を得ることができた。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ