朝鮮でも近視が増加?/人気の健康器具・治療機器


社会、生活習慣の変化を反映

朝鮮で昨今、健康に資する各種の健康器具や治療機器が開発され、その需要が高まっている。最近、朝鮮で開発された健康器具、治療機器を紹介する。

情報化の進展が影響

健康器具には、健康管理機器、健康回復機器、健康治療機器などがあり、その開発には生活習慣や社会状況が色濃く関係している。日本ではセルフケア健康器具の市場規模は増加傾向にあり、その背景には高齢化社会の進行がある。

最近、朝鮮で開発され、注目を集めているのが、子どもたちの視力低下を防ぐために開発された「視力保護アラーム」だ。近年スマートフォンやタブレット端末の普及に伴って子どもたちの間で近視の発生率が増加しているという。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ