アフガンの現実は何を示すのか/米国の強権と専横を暴露


朝鮮の国際政治研究士

国際政治研究学会研究士のコ・ヒョク氏は8月31日、朝鮮外務省HPに「アフガニスタンの現実は何を示すのか」と題した文を掲載し、アフガニスタン情勢をめぐる米国の強権と専横を暴露した。内容は次の通り。

最近、国際社会の予測と想像に反して急変しているアフガニスタン情勢について米国が流す弁解じみた嘆き声で世界が騒々しい。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ