早生の果物生産計画が完了/味と品質改善


2日発朝鮮中央通信によると、果樹栽培部門で今年の早生の果物生産計画を完遂した。

農業省では今年、果樹の開花期の気温が低く、日照率が低い条件下でも生産の安全性を保障するための技術的指導を先行させた。各果物生産単位では、受精率を高めるための対策を実情に即して具体的に立てて果樹の肥培管理を科学技術的に行った。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ