合同軍事演習強行に怒り/6・15青年学生団体がソウル-東京で同時行動


北南関係の重大な岐路

北側の警告や内外の強い反対にも関わらず米国と南朝鮮軍は合同軍事演習を強行した。祖国解放76周年を控えた14日、南朝鮮全土で自主的平和統一のための8・14平和大行進が行われる中、6・15共同宣言実践南側委員会の青年学生本部(6・15青学本部)と6・15日本地域委員会の青年学生協議会(6・15青学協議会)がソウルと東京で合同軍事演習中止を求める同時行動を展開した。

駐日米国大使館前で抗議する6・15青学協議会メンバーら。ソウルと中継でつなげて行われた(14日)

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ