「南当局の背信行為に強い遺憾の意」を表明/金与正党副部長が談話


朝鮮中央通信によると、朝鮮労働党中央委員会の金与正副部長は、米国と南朝鮮が合同軍事演習を始めたことと関連して10日、次のような談話を発表した。

内外の一様な糾弾と排撃にもかかわらず、米国と南朝鮮軍はついに情勢の不安定をさらに促進させる合同軍事演習を開始した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ


あわせて読みたい