“合同軍事演習を行うか注視する”/金与正党副部長が談話


朝鮮中央通信によると、朝鮮労働党中央委員会の金与正副部長が1日、談話を発表した。全文は次の通り。

既に数日前から周知の事実であるが、7月27日に北と南は1年以上断絶していたすべての通信連絡線を元通りに回復する措置を講じた。

しかし、これをめぐって今、南朝鮮の内外では自分なりにその意味を拡大して解釈しており、果ては北南首脳会談問題まで世論化しているが、私は時期尚早の軽率な判断だと思う。

通信連絡線の復元について、断絶していたものを物理的に再び連結しただけという、それ以上の意味を付与してはならないというのが私の考えである。

拙劣な憶測と根拠のない解釈は、かえって失望だけを招きかねない。

北南首脳が直接両手を取り合って共同宣言のような、画期的な合意を遂げて発表した後も、北南関係が願わない曲折と波動を経て危機へと突っ走ったこの3年間の過程を振り返ってみると、私の今日の見解が十分に理解できるであろう。

数日間、私は南朝鮮軍と米軍との合同軍事演習が予定通りに強行され得るという不快な声を引き続き聞いている。

われわれは、合同軍事演習の規模や形式について論じたことがない。

現在のような重要な反転の時期に行われる軍事演習…

私は確かに、信頼回復の歩みを再び踏み出すことを願う北南首脳の意志を甚だしく損なわせ、北南関係の前途をいっそう曇らす好ましくない前奏曲になると思う。

わが政府と軍隊は、南朝鮮側が8月に再び敵対的な戦争演習を行うか、または大勇断を下すかについて鋭く注視するであろう。

希望か、絶望か? 選択はわれわれがしない。

(朝鮮新報)