新型コロナ、2度目の夏を乗り越えよう/医協東日本看護部会会長に聞く


連携とり、根気強く対策を

コロナ禍での2度目の夏を迎えている。ワクチン接種が始まったが、感染拡大に歯止めはきかず、感染者の数は爆発的に増加している状況だ。7月12日には東京において4度目の緊急事態宣言が発令。沖縄では宣言の実施期間が延長された。大阪と首都圏3県でもまん延防止措置が続いている(7月27日午前11時現在)。長くつづくコロナとの闘いをどのように乗り越えるべきか。医協東日本看護部会・李英子会長に話を聞いた。(まとめ=李鳳仁)

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ