”関係改善と発展に肯定的な働き”/北南通信連絡線の再稼動に関する朝鮮中央通信社報道


朝鮮中央通信は27日、北南通信連絡線の再稼動に関する次のような報道を発表した。

現在、全同胞は挫折と沈滞状態にある北南関係が一日も早く回復されることを切に望んでいる。

これに関連して北南の首脳は最近、数回にわたってやり取りした親書を通じて断絶している北南通信連絡ルートを復元することで互いに信頼を回復し、和解を図る巨歩を踏み出すことで合意した。

両首脳の合意に従って北南双方は7月27日10時から、すべての北南通信連絡線を再稼動する措置を取った。

通信連絡線の復元は、北南関係の改善と発展に肯定的な働きをすることになるであろう。

(朝鮮新報)