変革に向けた始発点/神戸初中、運動場人工芝化を記念し竣工式


地域の拠点として、さらなる輝きを

式後に行われた同校初級部・西神戸初級サッカー部(赤)による合同チームと、地元の日本チームとの記念試合

神戸初中で18日、学校運動場の人工芝化を記念する完成披露竣工式が行われた。昨年から推進している学校創立75周年記念事業の一環だ。これに総聯兵庫県本部の金徹委員長、金輝栄校長、教育会の趙源模会長、75周年記念事業実行委員会(以下、実行委員会)の金和則委員長をはじめとする同胞や日本市民ら約100人が参加した。強い日差しが降り注ぐ晴天のもと、竣工式では徹底した感染防止対策と熱中症対策が取られた。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ