3千羽のシラサギ、アオサギを観察/平安南道と咸鏡北道の渡り鳥保護区で


国家科学院生物多様性研究所が調査

国家科学院生物多様性研究所が最近、平安南道の价川龍雲里(繁殖地)保護区と、咸鏡北道の金策徳仁里(繁殖地)保護区で渡り鳥に関する現地調査を行った。調査の結果、シラサギやアオサギなど3千羽近い渡り鳥が観察された。

金策徳仁里保護区で繁殖するアオサギ

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ