短編小説「幸福」1/石潤基


外科医として広く知られるようになった申亨鎮は、私の中学時代の同級生で、40を過ぎた今日まで、少年時代からの変わらぬ友情を交わしてきた、竹馬の友の一人である。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ