短編小説「道づれ」22/キム・ビョンフン


「おじさあん――」

と呼びながら彼女が駆けてきた。私の前に立つともじもじしながらこう言った。

「おじさん、あのう、郡党委員会に提起するとき、管理委員長さんの話は言わないでくださいね……」

「どうしたんだい、また急に?」

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ