東京高裁、130万円の支払い命じる/人種差別と認定、ネット上の匿名ヘイト


当時中学3年生だったコリアンルーツの中根寧生さん(18)が、匿名ブログに書かれたヘイトスピーチによって人格権を侵害されたとして損害賠償を求めていた訴訟の控訴審判決で東京高裁は5月12日、一審に続き「人種差別に当たり、人格権の違法な侵害」と認め、発信者の男性に慰謝料など130万円を支払うよう命じた。

東京高裁に向かう原告の中根寧生さん(中央)の家族と弁護団(5月12日、写真提供=中山和弘)

同判決について原告弁護団は、「ヘイトスピーチについての賠償基準、判断基準を塗り替える画期的なもの」だと話している。

差別的な書き込みをしたのは、大分県在住の60代男性。男性は、2018年1月22日、「写楽…支那・韓国朝鮮の真実『写楽』ブログ」において、「見た目を誤魔化し名前なども成り済ます」「如何にもバカ丸出しで、面構えももろチョーセン人面」などと悪質な文言を書きこみ、被害者を苦しめた。ブログは前日の神奈川新聞で、中根さんが韓国籍と日本籍を持つ自身のルーツに触れながら、川崎市主催のイベントで、ラップで平和メッセージを作った記事を題材に書かれたものだった。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ