“農業の持続的発展に寄与”/農業研究院に研究所が竣工


農業研究院の本院地区に、農業生物学研究所、植物保護学研究所、農業ナノテク研究所、農業化学化研究所が竣工した。3日発朝鮮中央通信が伝えた。

新設された研究所(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

同通信は、遅効性肥料研究室、遺伝子分析室、線虫研究室、有機材料実験室、農業化学製品分析室をはじめ、数十の研究および実験室を備えた近代的な研究所が建てられたとし、これにより「農業生産の安定的かつ持続的な発展に寄与する科学研究のための物質的・技術的土台が築かれるようになった」と意義を強調した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ