〈朝鮮経済トレンドウォッチ 7〉社会主義の復元と管理方法の刷新/姜日天


経済管理改善の今

社会主義の優位性は、自由競争による労働と資源の恒常的な浪費から免れることのできない資本主義生産の無政府性を克服して、社会的労働と経済資源を計画的に、効率的に活用することのできる社会経済的条件が備わっているところにある。

しかしこの優位性は自ずと発揮されるのではない。社会主義経済を建設しその優位性を発揚させる過程は、社会主義制度の本質的要求と各段階の経済状況に応じて、最適な経済事業体系(=経済運営システム)と企業管理方法を見出し不断に完成させて行く過程である。

金正恩総書記が朝鮮労働党第8回大会の結論で述べたつぎの言葉は経済管理問題がいかに重要かを物語っている。「新たな国家経済発展5カ年計画遂行の成敗は、経済管理をいかに改善するかにかかっています」

責任管理制と担当責任制

朝鮮式経済管理方法の完成を目指す現行方針のもとで2010年代の半ばから本格的な導入の段階を迎えたのが責任管理制と担当責任制である。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ