朝鮮労働党第6回細胞書記大会が開幕/金正恩総書記が大会を指導


全党強化と社会主義建設に新たな前進をもたらすことになる転換の契機

朝鮮中央通信によると、朝鮮労働党第8回大会と党中央委員会第8期第2回総会が示した社会主義建設の新たな戦略的路線と闘争方針の貫徹に邁進(まいしん)している全ての党員と人民の大きな関心と期待の中で、朝鮮労働党第6回細胞書記大会が4月6日、首都平壌で開幕した。

朝鮮労働党第6回細胞書記大会が開幕した(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

わが党の強化と革命発展において要の時期に招集された大会は、全党に金正恩総書記の唯一的指導体系をより徹底的に確立し、党細胞を戦闘力と闘争力の強い党政策決死貫徹の前衛隊伍にしっかりと準備させて党の指導力と革命隊伍の一心団結を全面的に強化し、党大会の決定貫徹と社会主義建設に画期的な前進をもたらすための意義深い契機となる。

以民為天、一心団結、自力更生の理念の下、歴史のあらゆる挑戦と難関の中でも社会主義建設で収められている大きな勝利と変革的成果は、党と大衆の血脈を一つにつなぐ基本単位、党の路線と政策貫徹の直接的戦闘単位である党細胞の機能と役割を絶えず強めて全党強化の早道を開く朝鮮労働党の党細胞重視思想、党細胞強化路線がもたらした誇るべき結実である。

朝鮮労働党第6回細胞書記大会では、第5回細胞委員長大会以後、党細胞書記の活動状況を全般的に分析、総括し、こんにち党細胞の活動を画期的に改善、強化する上で提起される課題と実際の方途を討議することになる。

大会には、生産現場で働く模範的な細胞書記を基本にして各部門で活動する党細胞書記、中央と地方の党活動家が出席した。

全ての大会参加者は、チュチェの革命的党建設と社会主義建設偉業の遂行において基層党組織の強化に優先的な意義を付与し、党細胞をわが党を支える確固不動の礎石に打ち固めるように温かく導く金正恩総書記への烈火のような敬慕と信頼の念に満ちていた。

歓迎曲が響く中、朝鮮労働党の金正恩総書記が第6回細胞書記大会を指導するために幹部壇に姿を現した。

瞬間、大会場は卓越した思想と精力的な指導で偉大な金日成・金正日主義党の尊厳と地位を全世界に宣揚し、朝鮮式社会主義偉業を勝利と栄光の道へ確信に満ちて導く金正恩総書記を仰いで全ての参加者があげる嵐のような「万歳!」の歓呼で激しく沸き返った。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である党中央委員会の趙甬元組織書記と党中央委員会のチョン・サンハク、李日煥の両書記、朝鮮人民軍のクォン・ヨンジン総政治局長、党中央委員会の金才龍、呉日晶、ホ・チョルマンの各部長、中央と地方の党責任活動家が幹部壇に就いた。

金正恩総書記が、朝鮮労働党第6回細胞書記大会の開会の辞を述べた。

金正恩総書記は、

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ


あわせて読みたい