日本の汚染水海洋放出決定を非難/朝鮮外務省日本研究所


“人類の生存を脅かす不法国家”

朝鮮外務省日本研究所のチャ・ヘギョン研究員は26日、同省HPに「人類の生存と生態安全を脅かす不法国家」と題した談話を発表し、日本政府による福島第1原発の放射能汚染水海洋放出決定を非難した。

談話は、日本政府が海洋放出するとしている汚染水に、「トリチウムをはじめ基準値をはるかに上回る放射性物質が含まれている」とし、「潮流の早い福島沖で人間の健康、生命に致命的な被害をもたらす放射性物質を含む汚染水を放出すれば、数カ月で済州島周辺の海域が汚染され、1年以内に朝鮮東海の全水域、ひいては太平洋全体が『死の海』と化す」と危機感をあらわにした。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ