皆のハッキョ、皆で守って/滋賀初級創立60周年記念式典


滋賀初級創立60周年記念式典が行われた

滋賀初級創立60周年記念式典が25日、同校で行われた。同校の「還暦」を祝い、教職同中央の慎吉雄委員長、総聯滋賀県本部の姜主淳委員長、鄭想根校長、実行委員会の趙勇済会長をはじめとする同胞たちや卒業生、在校生、保護者たち、滋賀県の三日月大造知事をはじめとする日本の有志たち約350人が会場に駆けつけた。

滋賀初級は昨年に創立60周年を迎えた。当初、記念式典は昨年10月に行うことを予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で延期となっていた。この日の式典は感染症対策を万全に期し規模を大幅に縮小しての実施となった。

記念式典のようす

行事は滋賀ハッキョと一緒に歩んできた人たちと共にする場が同校の新たな歴史の起点になるよう願う人びとの思いが凝縮されたものとなった。第一部の記念式典、第二部の記念公演のほか、同校の沿革と子どもたちの姿を映したDVD上映会、各種展示が行われた。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ