朝鮮外務省ロシア担当次官が談話/朝ロ首脳会談2周年に際し


“親善関係、さらなる高みへ”

金正恩総書記とプーチン大統領の初の首脳会談から2年に際し、任天一外務次官(ロシア担当)は25日、談話を発表し、朝ロ関係をいっそう強化・発展させていく朝鮮政府の立場を表明した。

談話は、2019年4月25日、ロシアのウラジオストックで行われた金正恩総書記とプーチン大統領の歴史的な初対面と会談は、「長きにわたる歴史と伝統を持った朝ロ親善関係を新時代の要求に即していっそう昇華・発展させることのできる礎を築いた」とし、首脳会談の意義を改めて強調した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ