汚染水海洋放出を非難/朝鮮中央通信社論評


“人類の健康脅かす犯罪”

朝鮮中央通信は15日、日本政府が東京電力福島第一原発の放射性物質汚染水の海洋放出決定を非難する論評を配信し、撤回するよう求めた。

論評は、日本政府が国際社会の強い反対を押し切って汚染水を海洋放出する方針を決めたことに対し「人類の健康と安全、生態環境を重大に脅かす許せない犯罪」だと糾弾した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ