差別行為、厳しく断罪を/京都朝鮮学園名誉棄損事件、判決確定を受け学園、弁護団がコメント


最高裁は昨年12月、朝鮮学校に対するヘイトスピーチで学校法人京都朝鮮学園の名誉を傷つけたとして、名誉毀損罪に問われた西村斉被告について、被告側の上告を棄却した。これにより、罰金50万円を言い渡した1審・京都地裁判決(19年11月29日)、2審・大阪高裁判決(20年9月14日)が確定した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ