朝鮮中央通信が菅首相を非難/新型戦術誘導弾試射めぐり


“自衛権への侵害”

朝鮮中央通信は6日、朝鮮の新型戦術誘導弾試射(3月25日)をめぐり菅首相が「わが国と地域の平和、安全を脅かすもの」「国連決議違反」などと発言したことを非難する論評を配信した。

論評は、菅首相の発言が「われわれの自衛権に対する露骨な否定であると同時に、乱暴な侵害として絶対に看過することができない」と糾弾。「国防力強化の措置は、外部勢力の軍事的脅威を制圧して朝鮮半島の安全と平和的環境を守るための正当な自衛権の行使」と主張した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ