〈春・夏・秋・冬〉平壌アートに出合う


鮮やかな色彩に一瞬で心を奪われた。万寿台創作社の画家キム・インソクによる朝鮮画「バス停留所の夕立」(2018)。舞台は建設中の黎明通りだ。画家は、空高く伸びる高層ビル群を見上げる女性の明るい表情から朝鮮の発展像を描いたという。画幅全体に降りしきる雨粒は虹色に輝き、雨上がりの青空をも予想させる春夏秋冬

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ