“共に社会に必要な人材に”/平壌の新婚夫婦を訪ねて


「家和萬事成」(家和して万事成る)ということわざにもあるように、朝鮮で家庭は社会を構成する最小単位であり社会全体の団結は家庭の円満から始まるとされる。昨今、世界各国で若者の晩婚化、非婚化が進行しているが、朝鮮では少なからず晩婚化の傾向はあっても非婚という観念はほとんど見受けられない。朝鮮の若者たちはどのように出会って家庭を築き、どんな家庭生活を送っているのか。理想の夫婦像は? 夫は料理上手の愛妻家で、妻は将来有望な研究者という新婚夫婦を訪ねた。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ