責任回避する日本を非難 、「国家総動員法」公布83年/朝鮮人強制連行被害者・遺族協会代弁人


朝鮮人強制連行被害者・遺族協会の代弁人は1日、日帝による「国家総動員法」公布から83年に際して談話を発表した。

談話は、「1938年4月1日、第1次近衛内閣によって作り上げられた『国家総動員法』は自らの無謀な侵略戦争の拡大を正当化し、その遂行に必要な人的および物的資源を『総動員』するという美名の下に強権で略奪して充当するためのファッショ的な戦時悪法であった」と暴露した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ