日本政府の歴史わい曲を非難/朝鮮外務省日本研究所


朝鮮外務省日本研究所のキム・ソルファ研究員は7日、談話を発表し、日本政府の歴史わい曲を非難した。

「歴史を否定する日本に未来はない」と題した談話は、「日本政府が国連人権理事会第46回会議で過去の日本の特大型反人倫犯罪を清算することに対するわれわれの主張が根拠がないとして、鉄面皮な詭弁を弄している」とし、「日本の歴史歪曲行為はこれが初めてではないが、今なお被害者たちを二重、三重に傷つけ冒涜することは厳重視せざるを得ない」と指摘。「過去に日帝が朝鮮で敢行したあらゆる悪行は、いかなる方法でも正当化できず、時効が適用されない極悪な反人倫犯罪だ」と一喝した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ