米ハーバード大教授論文“特定政治勢力に便乗した意図的歪曲”/南の被害者、教授らが声明


“学問の自由の仮面を被った人権侵害”

ハンギョレによると、日本軍性奴隷制被害者を「売春婦」と侮辱した米ハーバード大学のジョン・マーク・ラムザイヤー教授の論文に対し、2日、性奴隷制被害者のリ・オクソンさん(94)をはじめとする36人が声明を発表し「歴史捏造・わい曲行為をやめよ」と訴えた。

「ラムザイヤー教授の論文は学問の自由という仮面を被った人権侵害行為にすぎない」と題した声明には、リさんをはじめ光復会会長、共に民主党の議員らなどが名を連ねた。声明は、ナンシー・ペロシ米下院議長やハーバード大学のローレンス・バコウ総長、ラムザイヤー教授の論文が掲載された学会誌の編集長、パク・ピョンソク国会議長らに送られた。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ


あわせて読みたい