各地の朝鮮幼稚班教員らが保育士資格を取得/子どもたちの明るい未来のために


「信頼に報いる」「魅力ある幼稚班に」

2019年10月にスタートした幼保無償化制度から、朝鮮幼稚園など外国人学校幼稚園が対象外となり約1年と4ヵ月。これまで制度適用を求め、各地の同胞や日本の支援者らが中心となり行ってきた運動は、昨年実施された対象外施設への支援策を検討する「調査事業」の対象に朝鮮幼稚園が所在する10以上の自治体が選定されるなど、新たな局面を手繰り寄せた。そのような状況下、朝鮮大学校の現役学生のみならず、各地の朝鮮幼稚園に勤務する教員たちもまた、子どもたちの明るい未来のために貢献したいという思いから、保育士資格取得のために懸命に努力を重ねてきた。

川崎初級付属幼稚班の孫美香さん、名古屋初級付属幼稚班の金莉沙さん、北大阪初中付属幼稚班の梁有那さん、大阪福島初級付属幼稚班の曺由華さんが2020年度保育士試験に合格し、保育士資格を取得した。

現在、川崎初級付属幼稚班の主任を務める孫美香さんは、朝大外国語学部卒業後、朝鮮青年社を経て07年から同校で幼稚班教員として勤務。保育科の卒業ではないが、10年以上にわたる実務経験の中で培った知識を生かし、昨年1年間で筆記試験と実技試験をクリアした。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ