【1報】〈第18回ヘバラギカップ〉男子は埼玉、女子は東京第4が優勝


女子部門では東京第4が第12回大会以来となる優勝に輝いた

第18回在日朝鮮初級学校学生中央バスケットボール大会(ヘバラギカップ、主催=在日本朝鮮人バスケットボール協会)が5~7日にかけてキッコーマンアリーナ(千葉県流山市)で行われた。

大会には各地の朝鮮初級学校バスケ部の選手らが出場。男子は東京第1、東京第3、東京第4、西東京第2、埼玉、横浜の6チームが、女子は東京第1、ミレ(東京第2と千葉の合同)、東京第3、東京第4、東京第5、東京第6、西東京第2、埼玉、横浜、川崎、名古屋の11チームがエントリーした。

男女部門でそれぞれトーナメント戦が行われ、熱戦が繰り広げられた。

男子決勝は西東京第2 対埼玉。3年連続で同じカードで行われた。2連覇を狙う西東京第2と昨年の雪辱を晴らし王者奪還を狙う埼玉の試合は注目された。

男子部門では埼玉が2年ぶりの優勝を果たした。

男子は接戦の末、37-32で埼玉が2年ぶりの優勝を果たした。

一方の女子部門の決勝戦は埼玉と東京第4の対戦となった。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ