〈新春対談~2021年にさらなる飛躍を・民族教育〉東京・宋恵淑☓京都・鄭英姫☓長野・申賢麗


幅広い支援が促進“運動継続の結果”/保護者の役割、行動でみせたい/ネットワークとして対象になるよう声を

〈新春対談~2021年にさらなる飛躍を〉では、各分野で活躍する同胞たちがオンラインで行った対談の内容を紹介していく。2回目の民族教育編では、2019年10月にスタートした幼保無償化制度から朝鮮幼稚園など外国人学校幼稚園が除外された問題と関連し、制度開始当初から当事者として日本各地で声をあげてきた宋恵淑さん(44)、鄭英姫さん(43)、申賢麗さん(46)が出演。2020年の活動を振り返り、新年の意気込みを語ってもらった。(まとめ・韓賢珠)

鄭英姫さん、宋恵淑さん、申賢麗さん(写真左上から時計回りに)

  • 宋恵淑(44・幼保無償化を求める朝鮮幼稚園保護者連絡会代表、東京第6初級付属幼稚班保護者)
  • 鄭英姫(43・幼保無償化適用を求める京都朝鮮幼稚園保護者連絡会代表)
  • 申賢麗(46・幼保無償化を求める長野朝鮮幼稚園保護者連絡会代表、長野初中オモニ会会長)

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ


あわせて読みたい