金正恩総書記が鑑賞/第8回党大会祝賀大公演「党をうたう」


朝鮮中央通信によると、朝鮮労働党第8回大会を祝う大公演「党をうたう」が1月13日、平壌体育館で盛大に行われた。

金正恩総書記が公演を鑑賞した。

第8回党大会祝賀大公演「党をうたう」が開催された(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である崔竜海、趙甬元、李炳哲、金徳訓の各氏と第8回党大会の代表者が公演を観た。

歓迎曲が響く中、金正恩総書記が観覧席に姿を現すと、嵐のような「万歳!」の歓呼の声が上がった。

全ての観客は、朝鮮労働党の戦闘的道程で特筆すべき政治的出来事となる第8回党大会を通じて偉大な金日成・金正日主義党の指導力と戦闘力を全面的に強化し、朝鮮革命を新たな前進軌道に乗せてくれた金正恩総書記に限りない敬慕と信頼の念を込めて最上最大の敬意を謹んで表した。

貫禄ある重要芸術団体をはじめ、軍隊と社会の芸術団体、芸術教育機関の創作家、芸能人、スポーツマンと青少年学生が出演した公演は、第1部と第2部に分けられて行われた。

序曲 器楽と歌謡「党をうたう」から始まった公演の第1部「党はわれらの導き手」の舞台には、歴史的な各党大会を革命の新たな跳躍期、富強な祖国建設の一大分水嶺として輝かし、チュチェ偉業を勝利と栄光の道へ力強く導いてきた偉大な党を仰いでわが人民と人民軍将兵が心から歌った名曲が上がった。

朝鮮労働党第3回大会が開かれた60余年前の峻厳(しゅんげん)な年に、時代を震撼させた不滅の頌歌「金日成元帥にささげる歌」が管弦楽と歌で響き渡ると、場内には自主の新時代を切り開き、革命的党と国家、武力建設の世紀的模範を生み出した主席への烈火のような敬慕の念が熱く満ち溢れた。

マスゲーム「幸福の明日」「社会主義を守ろう」で締めくくった第1部の公演は、朝鮮労働党を強力かつ威力ある革命の指導的力量に強化し、発展させて、自主、自立、自衛によって尊厳をとどろかす朝鮮式社会主義建設の新しい歴史を創造した金日成主席と金正日総書記の不滅の業績を感銘深く見せた。

党の懐で美しい夢と希望を実現し、強盛朝鮮の主人公にりりしく育つ少年団員のたくましい気概が脈打つ児童合唱「少年団行進曲」と、祝賀の詩「母なるわが党を歌います」が、公演の第2部「とわにわが党に従って」の初の舞台を印象深く飾った。

出演者は、チュチェの党旗に従って偉大な金正恩時代を強国建設の一大全盛期として輝かせていく千万の胸に沸きあがる忠誠の一念を厳かな音楽叙事詩で形象化した。

朝鮮労働党第8回大会にささげる全人民的頌歌である男声3重唱と合唱「党にささげる頌歌」で出演者は、前代未聞の厳しい困難の中でも祖国と人民を最も真直ぐな勝利の道へ確信をもって導いて人民大衆第一主義の大花園を築き上げ、社会主義朝鮮の尊厳と国力を非常に高い域に押し上げた朝鮮労働党への絶対的な信頼の念を格調高く謳歌した。

チュチェ朝鮮の強大さの象徴である金正恩総書記の賢明な指導があり、長きにわたる闘争の道程で鋼鉄に固められた一心団結がある限り、第8回党大会が打ち出した闘争目標と課題は必ず実現し、社会主義偉業は上昇一路をたどるであろうとの哲理をより深く刻み付けさせた公演は、終曲である管弦楽と合唱と舞踊「金正恩将軍に栄光を」で終わった。

チュチェ芸術の発展面貌(めんぼう)を見せ、声楽と器楽、舞踊とマスゲームが朝鮮式の3次元マルチメディア、特色のある照明、垂直バックグラウンドと立体的に調和して荘重でありながらもうっとりする芸術の世界を披露した大公演は、観客の絶賛を博した。

公演が終わると、金正恩総書記を仰いであげる「万歳!」の歓呼の声がまたもや場内を震撼させた。

金正恩総書記は、熱狂的な歓呼に温かく答礼し、百戦百勝の朝鮮労働党の思想と偉業の正当性と不敗性を大叙事詩的スペクタクルで見せた出演者の公演成果に満足の意を表した。

第8回党大会を意義深く祝った大公演は、全ての勝利と栄光の旗印である偉大な党中央の周りにいっそう固く団結して、烈火のような忠誠と献身で党大会決定の貫徹に一意専心することで、朝鮮式社会主義の建設の新たな勝利を早めていくという全ての党員と人民、人民軍将兵の鉄石の信念と気概を誇示した。

(朝鮮新報)

関連特集

【特集】朝鮮労働党第8回大会